住宅ローンの借り換え問題【返済能力の審査は厳密】

家の模型

楽に比較

一軒家

不動産担保ローンについての詳しい情報を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。各社ごとで比較する事が何より大切ですが、ネットを使えば一括比較できるので楽です。

詳細を読む

返済金利が変動

住宅購入時に、土地の所有がなく、土地も建物も新たに購入するケースが最も多いケースです。土地と建物を合わせた価格から、購入者が自分で用意した頭金を引いた残額が、住宅ローンとして金融機関から借り受ける金額です。この金額は購入者の年収や資産に応じて金融機関が審査を行い、適格と判断されれば住宅や土地を担保にして、返済年数に応じた利率で融資が行われます。住宅ローンの融資金額は、多くの場合、数千万円になるため、返済能力の適格審査は厳密に行われています。注意を要するのは、クレジットカードの返済遅延経験があると、その額が少額であっても融資が受けられなくなるケースです。これは債務者の返済能力と言うよりも信頼度が低いと判断されるためです。

住宅ローンには、固定金利と変動金利の二種類の金利があり、ローンの利用者は個人の判断でどちらの金利でも選ぶことができます。また、両者を組み合わせることも可能です。固定金利は、市場の長期金利の状況によらず、一定期間の金利があらかじめ定めた金利のままになるローリスクローリターンの仕組みです。変動金利はこの逆で、市場金利に応じて返済金利が変動する、どちらかというとハイリスクハイリターンな仕組みです。融資金額と返済期間の決定、借り入れ時の審査、金利の選択などが短時間に決断されるため、細かいところはよく吟味せずに借り受けしてしまうケースが多く見られています。住宅ローンは金融機関の商品です。金融機関によって特徴が異なっており、自分に合った商品をじっくり選ぶことが重要です。また、借り換えに関する比較サイトも存在していますので、借り換え時には利用しましょう。

一生暮らしていく場所

マンション

賃貸物件の場合は思い通りに内装をアレンジすることは難しいのですが、一戸建てなどマイホームであれば自由にすることが出来るので魅力的です。そのためマイホームの購入を検討する人も多いのですが住宅ローンについて知っておくことが大切です。

詳細を読む

返済計画を立てる

男性

マイホームと言っても一戸建てとマンションを選ぶことができ、どちらも購入するには多大な費用が必要になってきます。そのため住宅ローンを組んでの購入となるのですが、利用する際はしっかりと返済計画を立てることが重要になるでしょう。

詳細を読む